おすすめ「花よりおじいさん ギリシャ編」韓国女優チェジウとイソジンが最初に訪れたドバイの名所 世界一高いビル「ブルジュハリファ」





151112hanayoriojiisan-dobai


「花よりおじいさん ギリシャ編」


は、好評だった。


シリーズ化している「花よりおじいさん」。敏腕プロデューサー・ナヨンソクは、今回のギリシャ編では、


 韓流スターチェジウ

をドッキリ参加させた。


 チェジウ・イソジン熱愛


の本当の仕かけ人は、このナヨンソクプロデューサーかもしれない。


ナヨンソクプロデューサーは、「三食ごはん」シリーズもヒットさせているらつ腕のプロデューサーだ。


チェジウがガイドとして参加することは、出演陣のイスンジェ・シング・パククニョン・ペクイルソプはもちろん、ガイドのイソジンにも知らされていない。


出発前の韓国・仁川空港。スタッフや出演陣らが集まる場所に、チェジウがエレベーターに乗って上がって来る。


その前に、ガイドのイソジンには、

 全員のチケット

が手渡された。


そのチケットの中に、

 チェミヒャン(チェジウの本名)

という知らない名前が。。。


イソジンは、その名前を見て、

 ヤンミギョンって誰?

と半分笑いながらナヨンソクプロデューサーに近づく。


その時にチェジウが登場する、という設定だ。


チェジウの登場を予想していなかったベテラン俳優たち4人は大喜び。


イソジンも助っ人の登場にうれしそうだ。


一行はギリシャに向けて飛び立つが、ソウルからギリシャへは直行便がないため、ドバイにいったん向かう。


ドバイは、砂漠のど真ん中につくられた都市だ。


そのドバイの中心にそびえたつのが、あの世界一高いといわれる、

 
  ブルジュハリファ

だ。


高さも高さだが、中も広い。


水族館まである。


一行がブルジュハリファの中で、食事(中華料理)をしている時に、男性が近づく。


この時、通訳はこの男性を

 ドバイの王子

と訳したが、実はこの男性は、役所で働く公務員だった。


王子でもないのに、王子を名乗ったとして、ネットでさんざん非難されたという。


「花よりおじいさん ギリシャ編」のソウルでの打ち上げの時に、ことの真相をナヨンソクプロデューサーが伝えていた。



このブルジュハリファには展望台があるのだが、観覧料が高いため、バックパック旅行の一行が行くのはむずかしかったのだが、この男性のはからいで全員が展望台に上がることができた。


このブルジュハリファから見る風景は、まるで雲の上のようだ。


チェジウと、ペクイルソプは、二人とも高いところが苦手だ。


そして、ぺクイルソプは、4人のベテラン俳優の中でいちばん気むずかしい。

(これは、「花よりおじいさん」シリーズを見ればわかる)


イスンジェが小柄な体で、どこでもドンドン歩くのに対し、ペクイルソプは、歩くのが大っ嫌いだ。

ヨーロッパ編で、パリに行った時は、歩き過ぎて、持ってきたスーツケースを途中で放り投げたほど。

ヒザが悪いのもあるが、気が短いのも事実だ。


道をまちがっていたイソジンの顔はひきつっていた(笑)。


小さな出来事がまたおもしろいのが「花よりおじいさん」シリーズの魅力だ。



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」


キャッシュパスポート


どろあわわシリーズ



【ブライトニングフォーミュラ】








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ