韓国女優チェジウ 「韓流スター」から親しみやすいアラフォー女優に変身! 戦略成功で、後はイソジンとの「結婚」だけ?



150921choijeewoo-netsuai

チェジウの変身はみごとだった。

2015年は、チェジウにとって、女優として大きな転機となった年だといえる。

チェジウは、日本では有名な韓流スターだが、韓国国内ではドラマでそれほどヒットを飛ばしていない。

チェジウに対しては、韓流スターのイメージが強く、近寄りがたい印象があったこともある。

それが、2015年は大きく戦略を変えてきた。

まず、3月に「花よりおじいさん ギリシャ編」に、イソジンとともにガイドとして参加。

男性の中で紅一点、というのも新鮮だったし、ガイドのイソジンと同世代(イソジンは、チェジウより4才年上)というのも良かった。

女優らしくない、親しみやすいチェジウの素顔が多くの韓国人の好感をえた。


旅行番組というのは、どうしてもその人の素の部分が出てしまうものだ。

チェジウはけっして要領はよくないが、誠実な人柄はじゅうぶん感じられた。

また、かっこつけないところも好印象だった。

イソジンとは、撮影の中でどんどん気さくにうち解けていく様子が感じられた。

スタッフの方もそれをねらっていたところはあるが、

チェジウ・イソジン結婚か?

という噂が飛びかうほどの親密さになった。

150910hanayoriharube-greece-isujin-choijiwoo

その後、「三食ごはん」にチェジウが参加した時も、イソジンとチェジウは、恋人どうしというよりは、まるで

結婚した夫婦

のような感じだった。

 

いつもは動かないイソジンも、チェジウが指示すると、さっと動く。

そんな二人の様子も好感度アップに役立った。

 

そして、2015年の10月から放映された、

韓国ドラマ「2度目の二十歳 原題 두번째 스무살」

では、38才で、大学生の息子をもつ母親役を演じる。

 

40才を前に、大学に入る主婦の役だ。

青春の夢半ばにして結婚して母になり、家庭の中でだけ過ごしてきた一人の女性が、大学に入り学ぶことで少しずつ、人間として目覚めていく。

そんな大人の女性の成長物語だ。

結婚と離婚という、人生の大きな岐路にも直面する。

 

韓国ドラマ「いとしのソヨン」を書いたソヒョンギョンが脚本を書いたこのドラマは、その内容とともに、チェジウの、これまでとはまったく違う

素顔の演技

が話題となり、特に同世代の女性たちに大きく支持された。


いとしのソヨン コンプリートスリムBOX [ イ・ボヨン ]


つまり、チェジウは、2015年の1年間で、

韓流スターから本当の女優へ

変身を遂げたのだといえる。

 

「花よりおじいさん」と「2度目の二十歳」というふたつの新しい挑戦によって、チェジウは、これまでとは違う、韓流という枠にとらわれない、いろんな役に挑戦できるパスポートをえたといえる。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ