韓国女優チェジウ ドラマ「2度目の二十歳」の成功! 悩んだこともあったが、乗り越えて今がある 韓流スターから、等身大の演技ができる女優へ


151002choijiwoo


韓国女優チェジウ

韓流スターのイメージは、よくも悪くもチェジウにつきまとう。

 

だが、その大きくなりすぎたイメージが、たまに本人にとっては負担になることがあるのだろう。

韓国ドラマ「冬のソナタ」(ペヨンジュン)

は、チェジウの名を、韓流ブームとともに日本に広く知らしめた。

 

だが、韓国国内では、チェジウの韓流スターとしての実力は認めつつも、演技力に対しては、かなり厳しい評価だった。

一番有名なのが、

発音事件

だ。

 

「冬のソナタ」の中で、チェジウが、

살장님 シルチャンニム

(室長)

というところを、

 

ティルタンニム

と聞こえると指摘されていた。

 

「天国の階段」のサンウとチェジウが再び共演クォン・サンウ、チェ・ジウ「誘惑」OST CD

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 




 

このことをチェジウ自身もかなり気にしている。

そして、いまだに、同じ指摘をされることに不快感を感じているという。

 

実際、最近、チェジウが出演したドラマを見ても、滑舌(かつぜつ)がそれほど良くないし、セリフを話す時も、スタッカートのように切って話すのが、気になるといえばなる。

 

だが、それも個性と思えるほど、

韓国ドラマ「2度目の二十歳」

で、ハノラを演じるチェジウは、自然体で魅力的だ。

 

韓流、チウ姫、というこれまでのイメージにとらわれず、バラエティにも出演し、女優としても活動の範囲を広げているチェジウ。

「花よりおじいさん ギリシャ編」での、のびのびした明るく大らかな姿は、チェジウの素顔なのだと思う。

 

俳優にとって、イメージというものは、とてもたいせつなものではあるが、そのイメージが一人歩きすると、役柄をせばめることにもつながる。

韓国ドラマ「チャングムの誓い」

で主役を演じたイヨンエがその一人だ。

 

チャングムのイメージがあまりにも強すぎて、

その後出演した

韓国映画「親切なクムジャさん」

に対する評価は分かれた。

 

イメージが固まる前に、そのイメージを先に打ち壊すことが、俳優が演技の幅を広げるにおいて、必須の作業なのかもしれない。

 

そういう意味で、チェジウは、女優としてこれから活躍する道を確実に広げたといえる。


 






韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ