もうすぐ「兵役入隊」するチェダニエルについて知っておくべきこと どこかキムナムギルに似ている「おとなの男」の魅力

150916choidaniel-engi

チェダニエルが今のっている。

主演の韓国映画

 「治外法権」

も封切られた。

チェダニエルは、1986年生まれ。

 

ユアイン(韓国ドラマ「密会」)と同じく、今年が兵役入隊のリミットになる。

おそらく、もう少しで兵役入隊になるだろう。

 

チェダニエルには、大人の雰囲気がただよう。

演じている役柄のせいもあるのかもしれないが、20代には見えない。

コミカルな役からシリアスな役まで、幅広い演技のできる俳優だ。

二枚目だが、甘すぎないマスクがいい。

逆にいうと、他の韓流スターが挑戦できない役柄にも挑戦できる、幅の広さがある。

この韓国映画「治外法権」がヒットすれば、映画スターとして、兵役から戻ってきたあとも、作品のオファーが殺到するだろう。

150916choidaniel-engi2

韓国女優のキムヘス(韓国ドラマ「オフィスの女王」)が言っていたが、いい俳優の条件として、

  1.  役にのめり込める集中力
  2.  大人であること
 

のふたつがある、という。

キムナムギルもそうだが、実際の年齢より上に見える、落ち着いた雰囲気をもっている俳優は、俳優として成功する可能性が高い

チェダニエルのもつ、彼独特の世界は、それだけでとても魅力的だ。

シリアスな演技のときの表情もいいし、笑ったときにくずれる目元の表情もとてもいい。

ソジソプと共演した

韓国ドラマ「ファントム」

でも、いい味を出していた。

デビュー以来、順調にいい作品にめぐまれてきたチェダニエル。

今、兵役でファンの前から姿を消すのは残念だが、2年後にはまた、もっと成長して、大人の男として、いい演技を見せてくれると思う。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ