韓国女優チョンジヒョン 韓国映画「猟奇的な彼女」の大ヒットから韓国ドラマ「星から来たあなた」での完全復活まで「12年」もかかった理由

150916ceonjihyun-fukkatsu

 

韓国女優チョンジヒョン

日本では、

韓国映画「猟奇的な彼女」(2001年)

で有名だ。

だが、意外にも、その後のチョンジヒョンは、順風満帆ではなかった。

ハリウッドに進出するも、ことごとく失敗。


チョンジヒョンが復活したのは、大ヒットした

韓国映画「10人の泥棒たち」(2012年)

だ。

韓国映画「ベルリン」(2013年)(ソンハッキュ・ハジョンウ

では、北朝鮮の政治要員の役を演じた。

この映画は、興行的にはある程度成功したが、鳴り物入りで制作された割りには、映画の完成度は今ひとつだった。

実際、私もこの映画を見たが、チョンジヒョンの魅力がじゅうぶんに出ておらず、不完全燃焼な印象を受けた。

その後は、キムスヒョンと共演した

韓国ドラマ「星から来たあなた」(2013年)

で、ドラマに復帰、コミカルな主人公を演じてブレイク、完全復活を遂げた。

 

韓国映画「猟奇的な彼女」

から実に12年が経過している。

 

そういう意味でいうと、キムスヒョンイジョンソクは、順調過ぎるほどのヒットの連続だ。

これが、俳優にとっていいことかどうかはわからない。

あまりにも、順調過ぎると、スランプが来たときに、それを乗り越えるのがむずかしくなってしまう場合もある。

 

チョンジヒョンが、完全に復活できたのは、「星から来たあなた」で、今までとは違う、

コミカルな役

を、とてもチャーミングに演じたからだ。

 

150916ceonjihyun-fukkatsu2

 

年下のキムスヒョンとのラブストーリーも、まったく違和感がなかった。

女優もつねに、新しいキャラクターを演じて行かないと、生き残るのはむずかしいのだろう。

 

韓国女優イヨンエも、

韓国ドラマ「チャングムの誓い」

があまりにもヒットしたため、そのイメージが強すぎて、逆に、その後の演技の役の幅がせばめられた。

韓国映画「親切なクムジャさん」

では、まったく違う役柄を演じたが、一般大衆に受け入れられるのがむずかしかったといわれる。

 

イヨンエが、「チャングムの誓い」のあと、あまり多くのドラマに出演しなかったのも、チャングムのイメージが強すぎたからかもしれない。

俳優にとって、ひとつの作品で大きなヒットをとばす、ということはすばらしいことだが、その役のイメージが強すぎると、新たな役柄に挑戦することができなくなる場合もある。

いい意味で観客を裏切り、新しい演技で、見る者を圧倒できる俳優だけが、生き残っていけるのだろう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ