チャンミン・シウォンが兵役 入隊する「義務警察・特技兵」は家からは通えない! JYJユチョン(江南区役所)の「公益」との大きな違い


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">



150919heieki-shiwon


 

パクユチョン(JYJ) 兵役(公益)のあと 「事件」を乗り越え 「復帰」へのただ「1つ」の そして「最高」のシナリオ

 



元東方神起 パクユチョン(JYJ) 兵役中(公益)「暴行事件」 の裏に隠された「真実」② 日本で報道されなかった韓国の「重大」ニュース




元東方神起・ユチョン(JYJ)兵役中 「暴行事件」の裏に隠された「真実」! 4件の告訴と報道の疑問 もみ消された韓国の「3つ」のニュースとは?




 

義務警察特技兵

チャンミン(東方神起)とシウォン(スーパージュニア)が入隊するところだ。

この義務警察が最近は、韓国国内でも人気だ。

現役の軍と違って、義務警察はソウルなどの都心部にある、というのが魅力のひとつだ。

そして、休日も週2日与えられ、1日は自己啓発などの目的で外出することができる。

 

もう1日は、営内で過ごすが、「ノータッチタイム」といって誰の干渉も受けず自由な時間を過ごすことができる。

また、その時間を利用して勉強する人もいるし、趣味を楽しむのも自由だ。

 

また、外出時にも申告すれば、私服を着用することも可能だ。

そして、2か月に1回、3泊4日の外泊が許される。

 

つまり、陸軍の場合は、山の中での生活だし、休日もそれほど多くないが、義務警察の場合は都心で、人が多く住む都心での勤務になるという点も人気の理由だ。

もちろん、兵役なので、そんなに自由ということはない。

 

だが、陸軍などと比べると、比較的休日も多いし、外泊も取りやすいので、楽だという認識があるようだ。

だから応募が殺到しているわけだ。

 

ユチョンの公益と違って、義務警察は兵役なので、家から通うことはできない。

ただ、チャンミンやシウォン、ドンへの場合は、警察の広報活動を主に行うことになるので、他の義務警察よりは、自由度が高いことは予想される。

 

韓国ドラマ「花より男子」キムジュンも、義務警察だったが、ソウル警察広報団に所属していた。

 

ただ、特に芸能人の兵役に対してはきびしい視線が集中しているので、外泊や外出に関しては、チャンミン、ドンへ、シウォンも神経を使うと思う。

休日であっても、兵役中である限り、品位ある行動が求められるからだ。

以前、まだ「芸能兵士」制度があったころ、芸能人たちの休日の行動が問題になったことがあったことも、周囲の視線が厳しくなっている理由のひとつである。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="1078808006">







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ