2016 おすすめ 韓国ドラマ 「ヨンパリ 原題 용팔이」第6話 医療ドラマが、なぜか突然アクションドラマに キムテヒはどうなる?今後の展開について行けるか不安になる


160303yonpari


韓国ドラマ 「ヨンパリ 原題 용팔이」第6話


チュウォンが勤めるハンシン病院12階。

ここを訪れる人たちは、患者ではなく

 고객님 お客様


である。

チュウォンには、透析治療受けている妹の病状が悪化し、移植手術を急がなければならない、というせっぱ詰まった問題が目の前にあった。


また、チュウォンに取引を持ち掛けたキムテヒは、兄であるハンシングループの会長チョヒョンジェに命をねらわれている。

キムテヒ側の会社グループ関係者たちが、裁判所に

 面会禁止仮処分申請

をして来たからだ。

キムテヒは、入院はしているが、対外的には健在ということになっている。

業務にも指示を出していることになっているのだ。


ところが、系列会社の代表たちとキムテヒとの面会を許すと、キムテヒが寝たきり状態になっていることがバレてしまう。


「ヨンパリ」のストーリーはやや現実離れしている。


だが、それでもぐいぐいドラマの世界に引きこまれるのは、主演のチュウォンを初めとして、脇役に演技力のすぐれた俳優たちがたくさん出演しているからだ。



ただ、この中で、いちばん違和感があるのは、キムテヒの兄役であり、現・ハンシングループ会長ハンドジン役のチョヒョンジェだ。


私がチョヒョンジェをこのドラマの前に見たのはたぶん、

 韓国ドラマ 「49日 原題 49일 」(イヨウォン


だった。5年前の作品だ。


あの時は、たぶん、まだ兵役入隊前だった。涼し気な美系だったのに。。

もちろん、今でもじゅうぶんカッコいいが、どう見ても中年の雰囲気がただよう。


5年という月日は、イケメンスターを中年に変えてしまうのにじゅうぶんな年月なのだろうか。



160331yonpari



やはり、

 兵役入隊前



 兵役入隊後


は違う。

特に、この2年間は、大きく変わる時期なのだろう。


この若き会長という役割は、このドラマの中で重要なのだが、どうも重みに欠ける。


こういう悪役には向いていないのか、まだ役不足なのか。


特に、地下の駐車場で、建設会社の社長と対面する場面では、それが際立った。

相手は、海千山千の経営者である。


そんな人物を相手にするには、いくら棚からボタモチで会長の座にすわったとはいえ、もう少し、何かキラリとしたものがほしい気がする。


チョヒョンジェは、1985年生まれで、キムテヒ(1980年生まれ)よりも5歳年下だ。


なのに、すでに40才近い雰囲気がある。


男前を捨て、演技力で行くなら行くで、もう少し、あくどい感じを出さなければ、演技のうまい俳優たちの間にうもれてしまうだろう。


どちらにしても、キムテヒをめぐって、いろんな立場の人間の利害が対立し、第6話はすごい展開に。


病院の中で、ピストルまで出てくるとは。。。

ちょっとやりすぎ。まるで韓国ドラマ「スリーデイズ」(ユチョン)みたいだ。


まだ、前半だから、何とかこの危機は乗り越えるのだろうとは予想しつつ、緊張を抜けない展開になった。



U-NEXTで31日間無料見放題!










韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ