2016 おすすめ 韓国ドラマ 「ヨンパリ 原題 용팔이」 第5話 チュウォンとキムテヒ 年の差(7才差)を感じさせないその「大人」の演技



160303yonpari


韓国ドラマ 「ヨンパリ 原題 용팔이」第5話


チュウォンは、財閥のハンシングループが経営するハンシン病院に勤める研修医。

若いが、外科の腕は、ベテラン医師も一目を置くほど。


家は貧しく、妹は腎臓の透析を受けている。

そして、妹の病状はどんどん深刻さを増している。


ハンシン病院の12階はVIP専用のフロアだ。


韓国では、今、海外資本(主に中国)の


 営利病院 영리병원


が建設され、問題になっている。

第一号として済州道に、中国資本の営利病院が建設される予定だ。健康保険のしばりがないというが、さまざまな問題点が指摘されていて、反対の声も多い。


この「ヨンパリ」の12階、というのが、まさにその「営利病院」を思わせる。


その12階の中でも、厳重な警戒が敷かれているのが、ハンシングループ会長の妹であるキムテヒの病室だ。

この病室の内部は、まるでSFのようだ。

キムテヒは、中央の白いベッドの上に白い服を着て横たわっている。


キムテヒの体の状態はすべてモニターで監視・観察されている。

キムテヒの病室に入れるのは、キムテヒの兄である会長のチョヒョンジェ(ハンドジン)と、院長、そしてキムテヒの主治医チョンウンイン(イホジュン課長)とチュウォン、ベテラン看護師のファン看護師のみ。

キムテヒは、3年前の交通事故と、その後の事故以来、ずっと眠っている。


いや正確にいうと、

 眠らされている


ハンシングループの現会長は、キムテヒの兄ではあるが、キムテヒの父の連れ子である。

ハンシングループはもともと母系の一族で、キムテヒがグループの後継者とされていた。


それが事故により、キムテヒがずっと眠っている状態になり、つづいてキムテヒの父である前会長が亡くなったことで、兄が会長となった。


キムテヒは、チュウォンが妹の手術代で困っていることを知り、取引を持ちかける。


チュウォンの妹の移植手術にかかる費用20億ウォン(約2億円)を出すというのだ。


キムテヒは、チュウォンのスマートフォンで、スイスにある自分の取引銀行に電話をする。

そして、暗証番号を告げ、20億ウォンが瞬時にチュウォンの口座に振り込まれる。

だが、それを実際に引き出すには、まだ段階がある。


キムテヒは、まず、自分をこの病院から出してくれとチュウォンに頼む。

だが、3年に及んで眠らされているキムテヒは、体の運動機能が著しく退化していた。


キムテヒは、ずっと寝ている、という設定なので、ドラマの中では、顔のアップがほとんどだ。

その無表情で無機質な表情の演技が、逆にリアリティがある。


キムテヒは、自分に対してパンマル(반말 ぞんざいな言葉。親しい間柄で使う)を使うチュウォンにたずねる。


それでキムテヒは、

 何才なの?


韓国では、年齢によって、言葉づかいが変わるため、よくこういう質問をする。

この質問は、裏返せば「生意気だ」ということを意味する場合が多い。



160226yonpari



するとチュウォンは

 年齢なんて数字に過ぎないよ。関係ないでしょ。


と答える。


実際、チュウォンとキムテヒを見ていると、二人の年齢差というのは全然気にならない。


実際には、

 チュウォン 28才

 キムテヒ  35才


だが、キムテヒの白く透き通る、陶器のような肌と赤い唇は、まるで20代のように見える。


目元がアップになった時の瞳の美しさは、ドキッとするほど。


偽悪的な役をしても、なぜか情がある感じがするのは、チュウォンのもつ人柄のなせるわざだろうか。

もし、イジョンソクやキムスヒョンがこの役を演じたら、もっとサバサバした感じに演じただろう。


キムテヒが年齢不詳なのと同様に、チュウォンもまた、年齢を感じさせない大人の雰囲気漂わせている。


韓国ドラマ 「密会」(キムヒエ)のユアイン

韓国ドラマ 「シグナル」(キムヘス)のイジェフン


もそうだ。


ユアインとキムヒエは20才差だし、イジェフンとキムヘスも12才差だ。


でも、まったく違和感がないのは、ユアインもイジェフンも、どこか成熟した「大人の雰囲気」を持っているからだ。


いい俳優は、若くても、どこか洗練された大人の空気を漂わせる。

彼らの先輩でいうと、キムナムギルがそうだ。

キムナムギルも、20代の時から、大人の男性の落ち着いた雰囲気をもっていた。




U-NEXTで31日間無料見放題!


【送料無料】 グッド・ドクター DVD-BOX1 【DVD】








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ