2016 おすすめ 韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡 原題 펀치」検察と法務省 権力の闇を暴く そのセットのリアリティ




160228punch

韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡 原題 펀치」

でやはり一番印象的なのは、

イテジュン検察総長(チョジェヒョン)

だ。

第1話で、キムレウォンは、自分が仕えるチョジェヒョンを検察総長にするため、ありとあらゆる手段を使う。

対立する法務部長官であるユンジスク(チェミョンギル)が推す検察次長の家族の周囲を調べ、追い落とすのだ。

そして、チョジェヒョンは検察総長に。

 

このドラマでよく登場する検察総長室のセットが特徴的だ。

 

エレベーターを出て、廊下を曲がり、大きなドアを開ける。

普通、部屋の入り口から、その部屋の主人の机まで、それほど距離はないものだ。

だが、この検察総長室は違う。

入り口を入ると右手にとてつもなく長いテーブルがあって、そこで会議ができるようになっている。

そして、右側の壁には、個性的な文字で、

検察宣誓(キムレウォンが検事の任官式に代表で朗読した文章と同じもの)

が個性的な文字で書かれた額が飾られている。

左側には黒い応接セット。

そして正面のいちばん奥の中央に検察総長の机がある。

だから、この部屋を入って、検察総長のところに行くまでの距離がとても長い。

まるで、歴史ドラマで、臣下が王に急な を告げる時のように、部下たちは入り口から検察総長イテジュンの机まで走るのだ。

この長さが、また検察総長の権力を象徴している。



【DVD】パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜DVD-BOX2キム・レウォン [BWD-2934]

U-NEXTで31日間無料見放題!

151101punch2

対立するユンジスク法務部長官(チェミョンギル)の執務室よりも、数倍大きい。

そして、エレベーターから出た廊下のセットは、パクキョンス(韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」の脚本家)の前作

韓国ドラマ 「黄金の帝国 原題 황금의 제국」(コス・イヨウォン・キムミスク・パククニョン)

で、グループの重役たちの部屋があるフロアのセットと似ている。

余談だが、キムレウォンは、イヨウォン(韓国ドラマ 「善徳女王」)とまだ20代の頃につき合っていたとされる。

 

第2話で、検察のビルに入り、花束をもらった検察総長のイテジュン(チョジェヒョン)がキムレウォンと一緒にエレベーターに乗る。

そのエレベーターは透明で、フロアから中が見える。

これは、SBSのドラマで最近よく使われている。

 

韓国ドラマ 「ピノキオ」(イジョンソク・パクシネ・キム)でも、テレビ局のフロアとして登場していた。

検察総長にのぼりつめたチョジェヒョンが、エレベーターで、執務室のあるフロアまで上がる。

入り口のフロアを埋め尽くす検察の部下たちが、一斉に95度で深々と頭を下げる。

それをキムレウォンとイテジュンが見下ろしているというシーンだ。

このシーンの演出は本当に見事だった。

特に、その直後、主人公のキムレウォンを襲う悲劇と、この幸福の絶頂を象徴するシーンが、ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」の中で頻繁に登場する。

 

사람은 가장 화려한 순간에 가장 소중한 것을 잃는다

 

人は、最も華やかな瞬間にいちばん大切なものを失う

 

韓国ドラマ「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」の冒頭に語られるこのメッセージは、いろんな意味を含んでいる。






U-NEXTで31日間無料見放題!


【DVD】パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜DVD-BOX2キム・レウォン [BWD-2934]








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ