2016 おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 第15話 チェジウ(ハノラ)は、 息子ミンスの言葉に 自分のこれからのことも考えだす 夫の危機をイサンユンが救う


151113choijiwoo





韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 第15話


チェジウ(ハノラ)は、イサンユン(チャヒョンソク)の強いアプローチを振り切る。


チェジウ自身も、イサンユンのことを異性として意識しているのは事実だ。


だが、チェジウは、離婚したばかりであり、大学生の息子の母親だ。


息子のミンスと語りながら、自分自身の将来と、今後についても考えるチェジウ。


息子は、自分の将来が見えないという。


 アボジの言葉に従って、一生けんめい勉強して大企業に入ることがいいことなのか、わからない


と悩みを打ち明ける。


そんな息子の姿に、チェジウ自身も、自分が今後大学で何を学ぶべきかを考え始める。


大学の友だちのすすめで、TOEICの教室に行ってみるチェジウ。


だが、何か違和感を感じてしまう。




イサンユンは、あることから、パクヒョジュ(キムイジン)が、チェジウの夫のチェウォニョン(キムウチョル)を追いつめようとしていることを知る。


そして、それを止めようと動く。


キムイジンは、イサンユンの言葉に心を動かされる。

 「キムウチョルを追いつめても、ほんの数日スカッとするだけでしょう。あなたは、彼と別れても何も失うものはないんだから。

 キムウチョルの息子である、学生のミンスがこうむる被害について考えてください」


キムイジンは、二人の隠れ家に現れたキムウチョルに感情をぶちまける。


  心変わりをしたのなら、なぜそれを言わなかったの?


チェウォニョン(キムウチョル)は、


  言おうとしたけど、言えなかった


という。


キムイジンは、チェウォニョンが急いで売却した店舗の売買契約書を渡す。

チェウォニョンの物件を購入したのは、キムイジンだったのだ。


チェウォニョンは、自分の危機を救ってくれたのがイサンユンと知り、イサンユンの事務所に行く。


イサンユンは、

  チェジウとその息子のためにやっただけだ

という。


チェウォニョンは、イサンユンの人間の大きさに、自分が完敗したことを知るのだった。







韓国ドラマ ブログランキングへ


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ