2016 おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 第15話 チェジウ(ハノラ)が、イサンユン(チャヒョンソク)に告げた言葉 「見守られるのがつらい」


151113choijiwoo



韓国ドラマ 「2度目の二十歳 原題 두번째 스무살」 第15回


チェジウ(ハノラ)とイサンユン(チャヒョンソク)は、お互いに惹かれあっている。


イサンユンは、初恋の気持ちが再燃し、チェジウも友人と思っていたイサンユンに対し、意識し始める。


だが、それがそのまま熱愛に行かないのが、このドラマのいいところだ。


そんなチェジウの繊細な感情の変化が、ドラマの中でさりげなくえがかれる。



最初は、学園祭の舞台にピンチヒッターとして立って、ダンスを踊った時だった。


チェジウの夢は、ダンスをきわめることだった。


その夢は、19才で母になったことによって心の奥深くにしまいこまれる。


その後は、ひたすら子育てに追われ、歳月は過ぎた。


それが、夫の離婚通告によって突然、チェジウは危機に立たされる。


そこからチェジウが考えたのは、大学に入ることだった。

夫のチェウォニョン(キムウチョル)に話が合わない、と言われ、その原因は自分に教養がないからだと考えたのだ。

19才で年上の夫と結婚したチェジウにとって、夫は自分の世界の中心だった。


そんなチェジウが、大学に入っていろんな経験をすることによって、以前と違う世界にふれ、価値観を揺さぶられる。


ダンスサークルに入り、かつての夢も追いかける。


だが、舞台で踊って、その後誰もいないステージに立った時、自分の夢はすでに終わったことに気づく。


そして、その舞台の上で涙を流したチェジウ


夫は生き生きしていくチェジウに対し未練を見せるが、チェジウの心は動かない。


 

SPF50+ PA++++ 1本6役!多機能CCクリーム


イサンユンのアタックにも、チェジウは自分を見失うことがない


だから、イサンユンに言う。

 ずっと、見守られるのはイヤなの。

 あなたが私の隣りにいない方がいい。


チェジウの中では、夫との結婚生活にピリオドを打ったのに、また誰かに頼って生きるのでは、同じことの繰り返しだ、という思いがあったのだろう。


「2度目の二十歳」というタイトルにあるように、2度目の二十歳を迎えて、ようやくチェジウは本当の大人になるのだ。


韓国ドラマ「2度目の二十歳」は、ドロドロの愛憎劇は登場しない。


チェジウの夫のチェウォニョン(キムウチョル)は悪いやつだが、どこかユーモラスでもある。


つまり、この「2度目の二十歳」には、極端に悪い人間は登場しない。


日常にありそうないろんなエピソードが淡々とえがかれ、その中で、少しずつ、人間関係が変わって行くようすが描写される。


ある意味、繊細な演技が必要とされるドラマでもある。


そんなストーリーを演じきったことで、チェジウは、女優として新たな境地を切り開いたといえる。


 

SPF50+ PA++++ 1本6役!多機能CCクリーム






韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ