2016 おすすめ 韓国ドラマ 「キリ」 チヒョヌ(イスイン)は言う 「私は人に失望しません」 人の中で「希望」を見つける勇気



151225KIRI

韓国ドラマ 「キリ 原題 송곳」


敵があまりにも大きすぎると、見えなくなるのだろうか。

不当な行為も、目の前の人がやっていれば抗議し、それに対抗することができるのに、その存在が見えなくなった瞬間、人は敵の存在を見失う。

そして、本当の敵とたたかうことをやめるか、自分を責め、自分の努力が足りないと結論づける。

だが、人生はがんばった人だけが評価されるオリンピック競技ではない。

アンネサン(役名クゴシン)の言葉が胸にしみる。


キムガウン(役名 ムンソジン)が、


「私にとって、職場は人生の停留所に過ぎない。

失敗した人は、自分の努力が足りなかったんだ」


という言葉に、アンネサンはこう言う。


 「その職場が、人生の停留所ではなく、終着駅である人は?

  仕事は、その人の生活の場所なんだ。」

  「競争に負けたからといって、罰を受ける必要はない。

  人生は競争ではない。人生に敗北はない。

  貧しさに追い込まれたのは、その人の努力が足りなかったのではなく、ただ、その人がふつうの人間だったからだ」



構造(システム)の問題を個人の問題に押しつける論調が横行している。

すべてが個人の問題なら、うまく行かないのも、貧困もすべてがその人の責任になる。


だが、もし人生が不平等な競争なのだとしたら。

素足で走る人間を、後から車に乗って来た人間が追い抜いて行く、そんな競技なのだとしたら。。。



ミセン -未生ー DVD-BOX1 [ イム・シワン ]

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 





そんな疑問が投げかけられる。

彼らのたたかいがむなしく思えるのは、すぐに圧倒的な勝利を手にすることができないからだ。

だが、今勝利しないからといって、それは決して敗北ではない。


労働組合を作り、プルミの中で加入する従業員が増えるが、その中でもまたいろんな問題が発生する。

小さなことで争い、排除する。

そして、連帯すべき仲間の中で、不信がひろまっていく。。。

 

そんな中で、チヒョヌ(イスイン)の決然(けつぜん)とした言葉がいい。


160120songoh



 

저는 사람에게 실망하지 않습니다.

私は人に失望しません

 

小さな争いを避けるために、その輪の中から抜け出し、高台に上がったところで、自分の心はわずらわしさから逃れられるかもしれないが、問題自体は解決しない。

どんなに、人ともまれ、反発し、不信感を抱いても、人に対する信頼を捨てないこと。


チヒョヌのように宣言してしまうことが、人間の中で生きていくために必要なことなのかもしれない。

失望し、あきらめ、敗北主義におちいることは、けっきょく、もっと大きな負けにつながる。

どんな小さなことでも、不当なこととはたたかうという姿勢をもち、力を合わせれば、いつか大きなものにも勝てるかもしれない。

 

韓国ドラマ「キリ」は、ひょっとしたら、どんな韓国ドラマより、生きる勇気を与えてくれるドラマなのかもしれない。








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ