2016 兵役入隊 キムスヒョン KBS演技大賞受賞 (韓国ドラマ「プロデューサー」)は最初から決まっていた?実力ではコドゥシム(「お願い、ママ」)




160105kimsooheoun


2016年に兵役入隊するキムスヒョン。


今、韓流スターとして、イミンホと並んでその人気はすさまじい。


キムスヒョンを韓流スターにしたのは、チョンジヒョンと共演した

 韓国ドラマ「星から来たあなた」


だ。


そして、その次にキムスヒョンが主演したのが、2015年春に放映された

 韓国ドラマ「プロデューサー」


だ。

共演は、チャテヒョン、コンヒョジンなど、人気俳優。ストーリーもキャラクターも、これまでのキムスヒョンとはまったく違うドラマだった。

キムスヒョンは、とぼけた役柄をみごとに演じ、ドラマは好評のうちに終了した。


視聴率は最高で18%を記録。


ここ最近の韓国ドラマでは、2ケタなら大成功といわれている。



星から来たあなた Blu-ray SET1【Blu-ray】 [ キム・スヒョン ]

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 




この時点で、KBSとしては、キムスヒョンに演技大賞を与えることを決めていたのだと思う。


ところが、思いもかけない人気ドラマがその後現れる。

 韓国ドラマ 「お願い、ママ 原題 부탁해요, 엄마」(ユジン・イサンウ・コドゥシム・キムミスク)


である。

160105kodooshim


週末ドラマなのだが、その前に放映された「青い鳥の家 原題 파랑새의 집」の不振を払しょくする大人気ドラマとなる。


最高視聴率は33パーセントという、近年の韓国ドラマでは奇跡ともいえる人気ドラマだ。

(現在も韓国で放送中)


ドラマの主役はユジンとイサンウだが、ユジンの母親役のコドゥシムの演技がダントツで光っている。


だいたいにおいて、この演技大賞は、1年の後半に放映されたドラマの方が有利だと言われる。


キムスヒョンの「プロデューサー」は春に放映され、ドラマの回数も12回と、韓国ではミニシリーズと言われる分類になる。


一方の「お願い、ママ」は、KBSのメインのドラマともいえる、週末ドラマで、しかも54話の本格的ドラマ。

そして、7月の放映開始当初からずっと高い視聴率を更新し続けている。


だから、この「お願い、ママ」のコドゥシムを差し置いて、キムスヒョンに演技大賞を単独で受賞させるのは、なんともまずい。


だが、韓流スターであり、兵役入隊前で今大人気のキムスヒョンに

 KBS演技大賞最年少受賞

という栄誉をなんとしても与えたい、というのが、テレビ局側の事情だったのだろう。


最近は、韓国国内でも、地上波放送局の演技大賞に対して、賞を乱発しすぎ、との批判があいついでいる。


なかでも最近目につく、大賞を二人に同時に与える

 共同受賞

は、批判が多いところだ。


実際、二人が大賞というのは興ざめでしかない。


金メダルも、一人(ひとつのチーム)だからこそ重みがあるもの。

地上波のテレビ局で、MBCとSBSは、この共同受賞を乱発して不興を買っていたが、ついにKBSも「共同受賞」をやってしまった。


「KBSもお前もか」である。


キムスヒョンの演技力と人気も認めるが、こんなかたちでの受賞は、なんとなくスッキリしないのだ。

コドゥシムの心中も複雑だったのではないか、と勝手に推測している。







韓国ドラマ ブログランキングへ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ