2016 おすすめ 韓国ドラマ 「キリ 錐 原題 송곳」 第8話 チヒョヌ(イスイン)の完ぺきな役作りとキムガウンの明るさが魅力



160204kimgaun


韓国ドラマ 「キリ 錐 原題 송곳」

キムガウン(役名ムンソジン)はすごい。


キムガウンという韓国女優のもつ、存在自体の明るさが、このドラマを支えている。


労働運動という、テーマもテーマだし、実際にあった話をえがくだけに深刻になりがちだ。

実際、見ていて、その重苦しさに、息がつまることもある。


そんなこのドラマの中で、明るさを与えているのが、キムゴウンだ。


キムガウンは、その表情もそうだし、存在だけで明るい。


韓国ドラマ「君の声が聞こえる」(イジョンソク・イボヨン)でも、キムガウンの明るさは光っていた。


キムガウンは、現在、陸軍にいる東方神起のユノが、兵役入隊前最後に出演した、

 韓国ドラマ 「あなたを注文します 原題 당신을 주문합니다」

で、ユノの相手役を演じた女優だ。


あなたを注文します コンプリートエディション [ ユンホ ]


 


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


この韓国ドラマ「キリ 錐」の中で、キムガウンとアンネサンのかけ合いのようなシーンが、ユーモラスでホッとする部分だ。


このドラマの主人公チヒョヌ(イスイン)は、真面目で誠実な人間だ。

だが、そんな人間が浮いてしまうのが、今の世の中だ。

それでも、チヒョヌは妥協しない。


そこが魅力的だ。


チヒョヌ演じるイスインは、まじめすぎて、周囲とつねに衝突する。

その誠実さは、少しずつ周囲に受け入れられていくが、あまりにも原則的なので、まわりは引いてしまうこともある。


チヒョヌは、原作のイスインを、徹底的に忠実に演じていると思う。


マンガのキャラクターも似ているし、少し固いセリフの話し方もいい。


そして、軍隊でのシーンがところどころにはさまれるのが、韓国ドラマ「キリ 錐」の特徴だ。


その中で、軍隊で極限状態になるところがある。

上官は、そんな限界を超えた訓練を耐え抜くよう、部下たちに一体感を持たせるようにしむける。


母親を慕う歌を皆で合唱する。

兵士たちは泣いている。


そして、感情が高揚したところで、

 隣りの戦友を抱きしめろ

という。


160121chohyeounwoo


このシーンを見た時に、ふと「スーパーマンが帰って来た」の中で、ソンイルグクが三つ子たちにいつも

 안아줘

 抱きしめてあげて


と言っていたのを思い出した。


「スーパーマンが帰って来た」で抱き合うのは、三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の兄弟だが、戦友は違う。


一体感を高めるための演出だとしたら、少し興ざめしてしまう。


そのあたりを、チヒョヌ(イスイン)は、冷静に見ぬいている。


そんな高揚感は、一瞬しか効果がないことも。


それでも、その後に、チヒョヌが


 人に失望しません


という言葉を発することになる出来事が起きるのだ。







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ