2016 おすすめ 韓国ドラマ「キリ 송곳」第1話 チヒョヌ(イスイン) 「コンデ 꼰대」になりきれなかった 純粋なたましい



151225KIRI



韓国ドラマ「キリ 송곳」はすごい。

このドラマの主人公は、不正や不義を許さず、一切の妥協をしらず、かたくなに原則を守ろうとする人物だ。

チヒョヌが、その人物像をみごとに演じている。

すらりとした身長と、端正な顔。


チヒョヌ(役名 イスイン)は、原理原則を守る。ある意味融通性がない。

だから、どこへ行っても摩擦が起こる。

家族を支えるために、陸軍士官学校に入る。

陸軍士官になるのだが、そこもチヒョヌにとっては安住の地ではなかった。

そこにも数々の不正があり、チヒョヌはそれを見て見ぬふりをすることができない。

そして、軍隊を辞める。

時は、韓国にIMFの経済危機の嵐が吹き荒れた1990年代の終わりの時期だった。

チヒョヌは外資系のスーパー「プルミ」に就職する。

意外にも、外資系の合理的な経営方針は、チヒョヌの性格と合っていた。


【DVD】イニョン王妃の男 DVD-BOXIチ・ヒョヌ [VPBU-15818]

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


チヒョヌは、そこで生きがいを感じて働いていた。

そして、このドラマ「キリ」の舞台となるスーパーの支店に「野菜・果物担当」の課長として赴任することになる。


ドラマ「キリ」のはじまりは、2003年6月だ。

韓国で実際にあった労働運動の話でもある。

労働運動問題をあつかう事務所の所長アンネサン(役名 クゴシン)。

彼は言う。

「現実を打ち破るキリ(송곳)のような人間が必要だ」

と。

ある意味、チヒョヌ(イスイン)がそのような人物なのだ。

だが、彼はたえず、傷つき、周囲から誤解され、孤立する。

それでも、それを辞めることができない。

いつか、世の中と妥協して、人並みに

꼰대 コンデ

おやじ

になることを夢見たが、彼の純粋な精神には、それすらかなわないことだった。

 

大型スーパー「プルミ」に新しく赴任してきたフランス人の店長。

その部下の韓国人の総務部長。

チヒョヌ(イスイン)は、新しい店ではりきって仕事に取り組んでいたが、スーパーのパートの主婦たちは、融通性のないチヒョヌに完全に背を向けている。

チヒョヌもそんなパートたちを快く思っていない。

 

そんな中、上司である部長に呼ばれる。

上司から課せられた職務命令は、

 「手段と方法を選ばず、今いる従業員たちをすべて辞めさせろ」

というもの。

 

チヒョヌは、「それは不法行為です」という。

 

そして、部長の命令を拒否する。

 

韓国ドラマ「キリ」の中では、現在と、過去のシーンが交互にえがかれる。

チヒョヌが陸軍士官学校にいたときと、陸軍にいた時のエピソードだ。

大人になる、ということは社会と妥協することだと、勝手に思い込んでいる多くの人たちにとって、彼のような人物が身近にいたら、やりにくくてしかたがないだろう。



閉塞(へいそく)した世の中だからこそ、チヒョヌのような、何の出口もないような現状に風穴をあける、そんな

 突出した人間

が必要なのかもしれない。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ