2016 おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 第16話(最終回) チェジウ(ハノラ)とイサンユン(チャヒョンソク)は、手をつないでキャンパスを歩く


151113choijiwoo



韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 第16話(最終回)

チェジウ(ハノラ)は、ノヨンハク(ナスンナム)と差し入れを持って、イサンユン(チャヒョンソク)の公演会場に駆けつける。

ナスンナムは、公務員試験を受けることは辞め、イサンユンの助手の道を選ぶ。

チェジウと仲のよかった大学の同級生のチンギス(パクスンヒョン)は、ノホンハクといい感じだ。

チェジウとイサンユンもお互いの気持ちを確認し、いい関係を保っている。

 

イサンユンの演劇のタイトルは、

잃어버린 시간을 찾아서

「失われた時を求めて」

だ。

18年間、植物人間として過ごし、長い眠りから目覚めた女性が主人公だ。

主人公は言う。

私の心は18歳の時のままなのに、鏡を見ると目元には小じわが。。。いつの間にか38才になっていたの。

そのセリフにハッとするチェジウ。

それは、長い間、自分自身を見失って生きてきたチェジウ(ハノラ)自身のことでもあった。

演劇の中で、

「現在」

が登場する。

 

現在はつねに希望だ。

 

「現在」が語る言葉を聞いて、感動するチェジウ。

 

チェジウの息子ミンスの彼女だったオヘミ(ハンナウン)も、ミンス(キムミンジェ)といい関係を続けている。

チェジウがミンスの母親であることは知らない。

 

チェジウとイサンユンは、大学のキャンパスを歩く。

手をつないで。


160123choijiwoo2domenohatachi

 

チェジウは、大学に入ってからあったいろんなことを思い出す。

大学で学び、気づいたことは、すべてチェジウの財産になっている。

それに気づいた今となっては、大学に通う必要はなくなった。

 

大学で学ばなくても、チェジウは自分で本を読み、いろんなことを自分で考える女性になっていた。

夫と離婚して、すぐにイサンユンのところに行くのではなく、一度イサンユンと決別したことで、自分が進む道も少しずつ見えて来たチェジウ。

 

いろんなできごとが、登場人物たちを成長させ、自分の進むべき道を考えさせる。

ただ、世間の敷いたレールの上を歩くのではなく、そこで立ちどまり、自分は何をしたいのかを考える。

 

他人の思考ではなく、自分の頭と自分の感性で、考え、感じ、決定することのたいせつさを語る韓国ドラマ「2度目の二十歳」

 

軽いタッチで見ることのできるドラマであると同時に、さわやかで、ところどころに、鋭い現実描写がある。

チェジウは、それを淡々と演じた。

大げさなセリフや演技はなくても、今の若者たちの現実を見て、それに心を痛めるようすが感じられる。

 

長い人生の中で、2度目の二十歳を迎えたハノラ(チェジウ)は、自分の意思で、周囲の人たちと新しい人生を歩くだすのだろう。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ