【1987、ある闘いの真実】観客数700万人 おすすめの韓国映画がヒットした3つの理由

韓国映画「1987 일구팔칠」

歴史映画でありながら、700万人をこえる観客動員数を記録した映画。

さまざまな映画祭でも優秀作品にえらばれ、高い評価を受けた。

芸術性・娯楽性・歴史性の3つがそろった映画だ。

映画「1987、ある闘いの真実」は「崔順実(チェスンシル)ゲート」の朴槿恵政権政権下でひそかに制作が始まった。

韓国でキャンドル革命がおこり、朴槿恵政権が弾劾(だんがい)されなければ公開されなかった映画でもある。

韓国ドラマ「密会」が韓国の近未来を予言していたドラマである3つの理由

韓国で上映されたときのタイトルは、シンプルに
  • 1987 일구팔칠 (イルグパルチル)
だった。

日本版では、原題にかならずサブタイトルが付け加えられる、という法則が今回も実証された。

おすすめ 韓国映画 「ユゴ 大統領有故」 日本語と韓国語の「タイトル」が違い過ぎて、見た映画をまたツタヤでレンタルしてしまった話

韓国ドラマ 「記憶」 を見て感じた、「 ドラマのタイトルって誰がつけてるの?」という素朴な疑問について


韓国での上映時期

  • 2017年12月~2018年2月

監督

  • チャンジュンファン

観客動員数

  • 723万人

受賞

  • 青龍映画祭最優秀作品賞受賞【2018年】
→ちなみに、2017年の受賞作はソンガンホの「タクシー運転手」だった。
  • 百想芸術大賞映画部門大賞受賞【2018年】

出演

  • キムユンソク【役名 パクチョウォン】
  • ハジョンウ 【役名 チェファン】
  • ユヘジン 【役名 ハンビョンヨン】
  • キムテリ 【役名 ヨンヒ】
  • パクヒスン 【役名 チョヒョンギョン】
  • イヒジュン 【役名 ユンサンサム】
  • ムンソングン 【役名 チャンセドン】
  • ソルギョング 【役名 キムジョンナム】



【あらすじ】


1987年1月、警察の調査を受けていた22才の大学生が死亡する。

その証拠をいんめつするため、警察のパクチョウォン【キムユンソク】の主導のもと、死体をすぐに火葬するよう要請する。

火葬のためには、検事のサインが必要だった。

当直の検事チェファン【ハジョンウ】はこれを拒否し、司法解剖を命じる。

窮地に追いやられた警察は、青年の死は単なるショック死であると弁明するが、現場に残された数々の証拠と、解剖の結果は、拷問による死亡を示していた。

事件を取材していたユンサンサム【イヒジュン】は、「大学生は拷問の途中に窒息死した」と報道する。

パクチョウォンは、取り調べを担当していたチョヒョンギョン【パクヒスン】ら2人を逮捕し、事件を隠ぺい縮小しようとするが。。。


【見どころ】

歴史的な事件を、豪華な俳優たちが緊迫感をもって再現する。

映画は当時の実際の映像を交えながら、現代と結びつけ、リアルにえがいている。

重いテーマなのに、一気に見てしまうのは、【人間】をえがいているからだ。

善と悪、という単純な対立としてではなく、いろんな感情が交錯するヒューマンドラマにスポットを当てている。

映画「1987、ある闘いの真実」には、その時代を生きた、さまざまな階層の人間が登場する。

繊細な人物描写とともに、映画的なおもしろさとダイナミックさがある、魅力的な映画。

当時の女子大生の視点を通して、韓国の激動の時代である「1987年」を描いた監督の手腕はみごとだ。

歴史が現在につながっている、ということを教えてくれる。

映画「1987、ある闘いの真実」がヒットした理由【3つ】

  • 理由①「キャンドル革命」(2016年~2017年)という時代背景とマッチした
  • 理由② 歴史をえがきつつ、【人間】にスポットライトを当てている
  • 理由③ 出演する俳優たちが超豪華

【感想】


映画「1987、ある闘いの真実」は、2017年12月末に封切られた映画だ。

2018年1月に入り、観客動員数はどんどん増加。

2月7日時点で、韓国映画「1987」は観客動員数700万人を突破する。

映画は、40代の親世代と20代の子ども世代が一緒に観覧する姿が多く見られたという。

40代にとって、1987年は10代の記憶だ。

つまり、40代にとっては生きた歴史なのだ。

20代にとって、1987年は教科書の中の歴史だ。

それを、2016年~2017年にかけて韓国で起こったキャンドル革命とリンクさせ、映像で生き生きと体感させたところにこの映画のすごさがある。

韓国映画「1987」は、娯楽映画ではない。

歴史映画だ。

歴史映画が、これほど多くの観客の共感を呼ぶ、というのはすごいことだ。

韓国映画「1987、ある闘いの真実」のテーマは重い。

でもその中にユーモアや恋愛、肉親の愛など、人間の感情が散りばめられているので、時間を忘れて没頭してしまう。

何よりすごいのはカメラワークだ。

これぞ、映画!という感じ。


超豪華なキャスト

また、登場する俳優たちが超豪華。

今、韓国映画でピンで主役をはれる俳優たちが大挙出演しているのだ。

だから、その演技の質のレベルもすごい。

それだけでも、見る価値がじゅうぶんにある。

韓国映画のタイトル、というのはシンプルだ。

この韓国映画「1987」もそう。

日本でのタイトルは「1987、ある闘いの真実」だが、韓国でのタイトルは「1987 일구팔칠」。

1987年というのは、ソウルオリンピック(1988年)の1年前だ。

当時、韓国は独裁政権の下にあった。

韓国映画「1987、ある闘いの真実」は、一人の学生の死から始まる。

当時、権力をふるった治安警察が政治犯を取り調べる、悪名高い
  • 南営洞 남영동 対共分室
そこに救急車が到着する。

取り調べ中の拷問で、22才の若者が亡くなったのだ。

キムユンソクは、この死を隠ぺいしようとする。

検事のハジョンウのもとに書類を持ってきて、ハンコを押すよう強要する。

今日中に死体を火葬しようとするのだ。

暗黒時代に風穴をあけた良心のたたかい


ハジョンウは抵抗する。

逆に「死体保全命令」を出し、死体を解剖して死因を究明しようとする。

人権も何もなく、とにかく暴力でいうことをきかせる。

そのような、韓国の暗黒の時代を、良心的な人々が少しずつ風穴をあけていく。

闇に葬られようとした若者の死が、言論の弾圧の隙をぬって、報道され、それが韓国民の知るところとなる。

拷問で亡くなったのは、パクチョンチョルという延世大学の学生だ。

社会の不条理にたたかう若者と誠実な人々がえがかれる


社会の不条理に対し、若者たちが純粋な正義感でたたかう姿とともに、社会のいろんなところで、誠実に生きようとする人たちの姿がこまやかにえがかれている。

圧倒的な迫力と、リアルな演技で、見ているものを引きこんでいく。

意外なことだが、この韓国映画「1987」の主役はキムユンソクだ。

政権のもっとも手先となって、反共の先鋒となった人物が実は、朝鮮戦争の時に、北から南に来た人物だった。

それぞれが、過去の歴史の中で、家族を失う経験をし、それがゆがんだ歴史観となる。

映画「1987、ある闘いの真実」は、そこに焦点をあてている。

だから、たんなる白と黒ではない、人間のにおいがするのかもしれない。

この役をハジョンウが演じたら、めちゃめちゃ冷酷な人物になったと思う。

キムユンソクだったので、非情な顔の奥にひそむ、人間的な弱さが表現されていたような気がする。

キムユンソクは、演技力のある、魅力的な俳優だ。

【韓国映画】レンタルで見るおすすめ〈ベスト10〉 見ないと確実に損します【ツタヤにはないので注意】


キャンドル革命につながる韓国の歴史がわかる映画


おそらく、この韓国映画「1987」の時代に青春を生きた韓国人にとっては、少し前の歴史であり、韓国の若者にとっては、親たちの世代が、社会を変えるためにたたかった時代の記録なのだろう。

2016年から2017年にかけて、韓国全土をおおったキャンドル革命。

大統領を弾劾し罷免に追い込んだ、すべての韓国人にとって、韓国映画「1987」の時代は、生々しい革命の歴史なのだ。

韓国の歴史に関する、基礎知識(ざっくりしたものでもいい)があると、韓国映画や韓国ドラマが今より10倍おもしろくなる。

この機会に、韓国の歴史にかんする概説書を読むのもいいかもしれない。

韓国の歴史がわかる本【2冊】

韓国の歴史を知るには 次の2冊がおすすめだ。

韓国現代史 (岩波新書)
朝鮮の歴史





韓国ドラマ 映画を視聴する方法 〈DVDレンタル 〉で【韓国語字幕】を利用すると 超便利な理由〈 スカパー韓流チャンネル〉〈 動画配信サービス 〉をしのぐメリットとは?



【人気記事】
【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【 安く行く方法は1つだけ】

【人気記事】
韓国女優の肌がピカピカ つるつる 光っている秘密 赤ちゃんみたいなぷるぷる肌の透明感と 【顔脱毛】の深い関係





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ